フェアトレードとは

フェアトレード=公正取引

発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である(wikipediaより)

2014-01-10 15.58.05みなさんは今自分が着ている服やお子さんが着ている服がどこでどうやって作られているか知っていますか?
中国産がほとんどになっていることや、物価や人権費があがっている中国からバングラデッシュやインドなどに生産が移っていることを知っている人も多いかもしれません。

それにしても最近の洋服は安く買えるようになったと思いませんか?
980円でこんな複雑な縫製や飾りがたくさん付いたものが!と業界にいる私も驚くものも沢山あります。安い服を買いたい!という気持ちは私も良くわかります。でも、その洋服の安さは、誰かが驚くほどの低賃金で長時間働かされたり、小さいこどもが少ないお金の為に体罰を受けながら作った結果かもしれません。

実際にインドにある某ファストファッション大手の下請け工場で小学校低学年くらいのこどもが劣悪な環境でその国の最低賃金よりずっと安い値段で酷使されていたことが報道されたこともあります。
フェアトレードとは、そのようなことを無くすために、適正価格で、法令を守った労働環境で、かつ途上国の生産を発展させるような取引のことを言います。

2014-01-09 16.27.00私はバングラデシュに実際に行って、考えたことがあります。児童労働を認めない!というのは簡単です。当然、児童を労働させることは海外でも法律違反です。ですが、児童労働を今すぐ追放しようとすれば、一家が路頭に迷うという子がたくさんいるのです。その子どもが稼ぐ僅かな賃金が、一家を支えていたりするのです。

では私たちはどうすれば良いのでしょうか。
まず、出来ることは私達メーカーも消費者も「適正な価格」を払うこと、ではないでしょうか。
そしてそれを「継続する」ことです。
私が出来ることなんて微々たることかもしれません。バングラデシュを救おうなんておこがましいとも思います。でも少しでも何か変えられるかもしれない。
でもその答えを模索するために作ったのが、tie a bowknotです。